インプラント治療体験者の声 体験者のリアルな声を参考に情報を発信!

審美的にも実用的にも優れています

インプラントをしてみようかなと考える人が多い理由の一つとして見た目、
つまり審美性があるということがあげられます。
インプラントの審美性に関しては実際に写真や実際にインプラントをした人に見せてもらうとわかると思いますが、
ほとんど見た目が自分の歯のような仕上がりになるのです。
歯が欠損してしまって保管治療なぢで出来る方法として入れ歯やブリッジがあるのですが、この2つとも審美的には多少問題があります。
入れ歯の場合は見た目に入れ歯だとわかってしまう瞬間があります。
部分入れ歯でも全体入れ歯でも固定感が弱いと外れてしまう瞬間があるからです。
そして部分入れ歯などでは周囲の歯に固定するためのクラスプと呼ばれる金具を使って固定する方法になります。
このクラスプは審美的にもかなり目立つので入れ歯をしているということもばれてしまいます。
またブリッジの場合でも中間の歯、
つまり歯がない場所の部分のつなぎの歯の部分に隙間が出来やすいというデメリットもありますし、場所によってはこの部分が目立ってしまうということでブリッジをしているとわかってしまうのです。
インプラントの場合ですと切開などをしてあごの骨から人工の歯を設置するように手術していく方法なので見た目にも自分の歯が生えているような見た目になりますのでほとんどわからないと思います。
むしろインプラントをしているということをいわないとわからないケースもありますので本当に審美性に優れた方法になるのです。
こういった仕上がりと年数の経過による変化があるのでトータル的に見てもインプラントの審美性はすばらしいと評価をされるのです。
でもこういったきれいな仕上がりが出来るのはある程度たくさんの症例数をこなした技術を持っている歯科医さんになります。
技術がない歯科医が治療をすると見た目にもビックリしてしまうぐらいの隙間が年数経過とともに目立ってきたり、
調子が良くない状態で最終的に断念するというケースもありますのでしっかりと良い歯科医を選んでやってもらいましょう。

ハンドケア手袋の販売
楽天ランキング1位受賞。