インプラント治療体験者の声 体験者のリアルな声を参考に情報を発信!

健康維持や認知症予防がメリット

不慮の事故で歯を失ったり、高齢になると自分の歯を失う事が多くなります。
null外見を気にして、入れ歯・差し歯で対処する方法もありますが、硬いものは食べにくくなりますから、柔らかいもの中心の食事になり偏食しがちになります。
柔らかい食べ物でも咀嚼回数が減りがちですから、栄養摂取の面でも偏りが出やすくなります。
色々な食材をバランスよく摂取する事は、栄養面においても健康維持につながります。
顎の骨にインプラントを埋め込んで、歯を再生すれば自分の歯と同じように噛めますから、硬いものでも食べることができますし、咀嚼回数が減る事も少なくなります。
咀嚼する行為は、脳を刺激する事につながりますから、認知症予防にもつながるといわれています。
入れ歯の場合、口の中に入れるものですから、違和感を感受けたり、口腔内が狭く感じたり、喋りにくくなったりする場合が多いものです。
インプラントの場合は、自分の歯があるという感覚に近いですから、ストレスを感じにくいものです。